青崩峠 あおくずれとうげ

青崩峠(あおくずれとうげ)は静岡県浜松市天竜区と長野県飯田市の間にある標高1,082mの峠である。峠付近の地質構造は、中央構造線による破砕帯となっており、山腹に広がるむき出しになった青い岩盤から峠の名が付けられた。静岡県側・長野県側ともに、国道152号の端点から林道、遊歩道(かつての塩の道)を歩いて峠にたどり着くことができる。武田信玄による1572年の徳川領侵攻において、軍兵の一部が通過したことで知られている。 国道152号の点線国道区間で未通区域となっている。1987年より三遠南信自動車道の一部としても位置づけられたが、地形の急峻さと地盤が脆弱なために道路(青崩峠道路)を通すことが出来ず、2013年現在も未だ開通のめどが立っていない、最大の難所とされる。青崩峠の迂回のために兵越峠直下を通過するルートが選択され、草木トンネルが建設されたが、兵越峠の地盤が脆弱なことが判明し、結局地盤のやや硬い青崩峠西側を通るルートに変更された経緯がある。大型以外の車両は草木トンネルを通って隣接する兵越林道を使用することにより迂回が可能。

フリー百科事典 ウィキペディア日本語版

動画

その他

青崩峠 後編 <峠と旅>

www.geocities.jp

18

青崩峠 (撮影 2000. 5. 4) 峠越しに長野県側を望む 長野県側には写真中央から始まる狭い坂をまず下って行く その先には中央構造線によって形作られた直線的な谷が北へ真っ直ぐ伸びていた 長野県南...

ページ

青崩峠 前編 <峠と旅>

www.geocities.jp

14

青崩峠 (撮影 2000. 5. 4) 写真の左側が静岡県水窪町、右側が長野県南信濃町 右上に続く階段は熊伏山への登山道(頂上へ約2時間) 怖そうな名前の峠だが、きれいに整備されていた さあ、お待ちか...

ページ

国道152号未開通(不通)区間 青崩峠 第三回 (1, 2, 3, 4)

pcitorn-nitikaku.sakura.ne.jp

18

国道152号はを結ぶ長野県上田市と、静岡県浜松市を結ぶ国道であるが、険しい山岳地帯を縦断するルートをとっており途中、2ヶ所、地蔵峠と青崩峠の未開通区間が存在する。 今回は長野〜静岡県境に位置する青崩...

ページ

国道152号線を行く・その3

www.org-chem.org

9

というわけでR152第3弾。今回で終わる予定だったのだが、あまりに長くなってしまったので今回は青崩峠周辺だけで終わり。 上村を過ぎ、ついに長野県最後の南信濃村に進入する。ここもまあ思わず感心してしまう...

ページ

国道152号 - Wikipedia

ja.wikipedia.org

7

概要[編集] 杖突街道および秋葉街道を踏襲している。路線上の2箇所に不通区間(下記参照)があるほか、山岳地帯では幅員の狭い区間が多く、ホイールベース5m超の大型車では本道を用いた長野県と静岡県の往来は...

ページ

三遠南信自動車道 - Wikipedia

ja.wikipedia.org

1 1

三遠南信自動車道(さんえんなんしんじどうしゃどう)は、長野県飯田市の中央自動車道・飯田山本インターチェンジ (IC) から愛知県を経由して静岡県浜松市北区の新東名高速道路・浜松いなさジャンクション (...

ページ

Wikipedia: 青崩峠