中ノ鳥島 なかのとりしま

中ノ鳥島(なかのとりしま、)は、に存在したとされる幻の島。別名「ガンジス島」。また、近傍には「ガンジス礁」もあったとされる。 自然科学の観点から見れば実在したとは考えられないが、日本の領土として正式に認定されていた時期がある点で、世界各地の「幻の島」「伝説の島」とは一線を画する。 海図等では「中ノ鳥島」の表記が用いられたが、日本政府の発する命令(政令・省令等)では「中鳥島」の表記が多く用いられた(日本国憲法下での官報掲載例は前者2件、後者27件)。

フリー百科事典 ウィキペディア日本語版

動画

    その他

    小笠原村 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org

    9

    地理[編集] 東京都本庁から小笠原村本庁である父島までは、約1,000 km離れている。 山: 父島の最高峰は名前の無い山(326m・中央山ではない)、母島の最高峰は乳房山(463 m) 河川 八ッ瀬...

    ページ

    石野遺跡 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org

    1

    北硫黄島は東京の南約1000キロに広がる 小笠原諸島 に属する、三島で構成される 火山列島 の一番北側にある島である。西方には 沖縄本島 などから構成される 南西諸島 があり、南方には マリアナ諸島 ...

    ページ

    Wikipedia: 中ノ鳥島