東京外かく環状道路

東京外かく環状道路(とうきょうがいかくかんじょうどうろ)は、東京都大田区から埼玉県を経て千葉県市川市に至る延長約85kmの道路である。首都圏における高速道路計画3環状9放射のうち、3環状道路の一つ(他の2つは首都高速中央環状線と首都圏中央連絡自動車道(圏央道))であり、都心から約15kmの環状道路である。 表記については1975年頃から1991年頃までは公文書等で東京外郭環状道路と表記されており、この名残で市川市や東京都では現在も一部の都市計画道路名に「郭」の字を用いている。 東京の周りを取り囲んで、湾岸線、第三京浜、東名高速、中央道、関越道、東北道、常磐道、京葉道路、東関東道を相互に接続する計画だが、現在開通しているのは、自動車専用部(高速道路)の大泉JCTから三郷南ICまでの区間と、一般部(一般道路)の和光市から松戸市までと市川市内の区間である。供用区間は、自動車専用部は東京外環自動車道、一般部の大部分は国道298号として供用されている。 「東京外かく環状道路」は高速道路部(自動車専用部)と一般道路部の総称であり、「東京外環自動車道」は高速道路部の路線名である。どちらも外環あるいは外環道と略称される。 本項目では主に事業中区間・計画中区間について記述する。

フリー百科事典 ウィキペディア日本語版

動画

    その他

    Wikipedia: 東京外かく環状道路