金剛堂山 こんごうどうざん

金剛堂山(こんごうどうざん)は、富山県富山市と南砺市にまたがる標高1,650mの山。岐阜県との県境にも近い。日本二百名山の一つ。 前金剛、中金剛、奥金剛の3つのピークがある。一等三角点のある前金剛(1,637.9m)を金剛堂山と呼ぶが、最高峰は1,650mの中金剛である。

フリー百科事典 ウィキペディア日本語版

動画

その他

笈ヶ岳 - Wikipedia

ja.wikipedia.org

9 1

概要[編集] 両白山地の北部の中では、最も標高が高い山である。すぐ北側には、少し標高が低い大笠山(日本三百名山)がある。狭い山頂部には、国土地理院の三等三角点(点名は「笈岳」)が設置されている。[2]...

ページ

Wikipedia: 金剛堂山