葛野川ダム かずのがわだむ

葛野川ダム(かずのがわダム)は、山梨県大月市、相模川水系葛野川の支流・土室川に建設されたダム。高さ105.2メートルの重力式コンクリートダムで、東京電力の大規模揚水式水力発電所、葛野川発電所の下池を形成する。ダム湖(人造湖)の名は松姫湖(まつひめこ)という。 一方、上池を形成するのは山地をはさんで西側を流れる富士川水系日川に建設した上日川ダム(大菩薩湖)であり、異なる水系間で水を往来させることで揚水発電所としては世界有数の落差714メートルを確保。2台の水車発電機によって最大80万キロワットの電力を発生する。また、葛野川ダム直下には河川維持放流水を利用して発電する土室川発電所があり、下流域の河川環境保全のため選択取水設備によりダム湖水の中でも水温が高く、また濁りの少ない表層部分の水を放流している。

フリー百科事典 ウィキペディア日本語版
葛野川ダム (1999)
位置相模川水系土室川 (山梨県大月市七保町大字瀬戸字小金沢土室)
形式重力式コンクリートダム
規模堤高 105.2m 堤頂長 263.5m 堤体積 622m3 総貯水量 11500m3

動画

    その他

    上日川ダム - Wikipedia

    ja.wikipedia.org

    5 1

    上日川ダム(かみひかわダム)は、山梨県甲州市、一級河川・富士川水系日川に建設されたダム。高さ87メートルのロックフィルダムで、東京電力の発電用ダムである。同社の揚水式水力発電所・葛野川(かずのがわ)発...

    ページ

    Wikipedia: 葛野川ダム