松尾城 まつおじょう

松尾城(まつおじょう)は、現在の千葉県山武市松尾町にあった城郭。別名「太田城」。城主の松尾藩主太田資美の旧領であった掛川城の別名に由来する。 松尾城は江戸時代後、版籍奉還後の築城という全国的にも非常に貴重な存在であり、藩庁と知事邸が分離するなど、他の城には見られない特異な形態を見せている。

フリー百科事典 ウィキペディア日本語版

動画

    その他

    松尾藩 - Wikipedia

    ja.wikipedia.org

    松尾藩(まつおはん)は、明治維新期の短期間、上総国に存在した藩。1868年に遠江掛川藩の太田家が5万3000余石で移封され、1871年の廃藩置県まで存続した。藩庁ははじめ上総国武射郡柴山(現在の千葉県...

    ページ

    Wikipedia: 松尾城_(上総国)